テレビ」カテゴリーアーカイブ

もはや闇ですらない


電通過労死問題を期に、一挙に動き始めたかに見える日本の労働問題。しかしこれがガス抜きになってしまう危険性はないだろうか。これが電通に限った話では無いという事を、どれだけの日本人が理解しているだろうか。
「経営者目線」に洗脳された労働者、否労働者と呼ぶにはあまりにも自覚の足らない”労民”は多い。彼らは時として、命を守る我々に敵意をむき出しにして牙を剥いてくる。

近鉄から電通まで~もはや闇ですらない

dentsuだけじゃない~RT履歴2016/10/30~11/8

抗うが如く xsread にてまとめたモーメントも、ほんの氷山の一角にしか過ぎない。
それでも我々は抗い続ける。戦って死ぬなら労民としてではなく、人間として。


「派遣法改悪案」は「ブラック企業支援法案」


 労働者派遣法に関して、先週末に野党の要求を呑むとかいう情報が出てきて「ホンマかいな?」と様子見してたら案の定、修正もへったくれも無いそれどころか8日に採決という情報が入ってくる、もう大混乱状態である。

 要するに、金曜日に大阪のバラエティー番組に出演して遊んでいたアベ晋三が土曜日に帰京して「派遣法を採決してから翌週に安保法制を」(修正は一切無し)という指示を出したらしい。
 ほんと状況わかっとんのかと思うが、まあ所詮、2014年雪害で山梨封鎖状態になった時に支援者と料亭で天ぷら食ってたような輩だし、ほんと何も理解していないのだろう。
 派遣法の何がいけないのかも、理解していないし、そもそも理解する気が無いのだろう。

 安保法制に対する国会前集会への反応を聞いていると、どうやら自分の目の前でなんかやられるのはそれなりに効果があるらしい。
 だったら俺も、東京まで出てアベ晋三の目の前で労働者虐殺政策撤回を迫るしか無いのだろうか。

 まあ、それは今夜中に検討するとして。

 とりえあず、Twitterでうpしたと告知したビラ2枚

http://bunsyo.kouyaxatosi.info/img/201508kxzihou.pdf
http://bunsyo.kouyaxatosi.info/img/201509kxzihou.pdf

 これ、PDFなので、第二号の本文の内容をBLOGに転載しておく。
第一号はBLOG転載済み。)


「派遣法改悪案」は「ブラック企業支援法案」

 9/10の日経新聞1面に「残業代ゼロ法案」(通称:過労死促進法案)は次の国会に先送り(※この情報自体は先月半ばに既に出回っていたはずなのですが…。)という記事の中で、しれっと「労働者派遣法の可決は9/10」という内容が記されておりました。

 日経新聞というと、財界経団連の機関誌で、アベ自民党が推進している「アベノミクス」を全面支持しています。
 そして「労働法制改革はアベノミクスの3本めの矢である」として、労働者虐殺政策でしか無い労働法制改革(労働者派遣法、残業代ゼロ法、解雇要件緩和、特許権の会社帰属化、等)を全面支持しています。

 そんな日経新聞なので、派遣法審議に関わる自民党の重要人物から何らかの情報を得て書いたのでしょう。少なくとも、自民党は9/10に「可決」を狙っているようです。
 アベ自民党は、派遣労働者を生涯奴隷として縛り付けておく為の法案を、取り下げるどころか数々の欠陥指摘も無視して可決させる準備に入ったようです。

 労働問題に詳しい弁護士で、ネット上でも数多くの情報発信をしていらっしゃる、佐々木亮弁護士という方がいらっしゃいます。その佐々木弁護士が、先日Twitter(@ssk_ryo)でこんな事を仰っていました。
附則9条問題があまり話題にならない・・。マニアック過ぎたか・・。:【マニアック】派遣法案附則9条問題の解説と迫る強行採決の危険!(佐々木亮) – Y!ニュース   Twitterに飛びます→

 付け加えれば、付則9条だけでは無いのです。例えば、最大の焦点となっているみなし雇用義務制度の適用条件には、付則でこんな内容が書いてあります。
「但し専門的業務に携わるものを除く」
 しかも明文では書かれていません。C言語のポインタでも使っているかのようにあちこちの条文にジャンプして、ようやく内容がわかるようになっているのです。
 まさにアベ自民党の国民を騙す姿勢が凝縮された条項です。
←(派遣法の複雑さを解説した記事です。)
 他にも、わかりづらい言葉でどうとでも解釈出来るような文章が並んでいて、ブラック企業経営者なら平然と自分の都合の良いように利用できる条文がたくさんあります。この先不利益な扱いを受けた派遣労働者が法律を盾に戦うと、ブラック経営者が独自解釈でねじ伏せる、そういう未来しか見えないのです。

 貴族が俺が法律だとばかりに奴隷を好きなようにこき使う。時の支配者はそれを黙認またはお墨付きを与え、見返りを得る。一体いつの時代の話でしょうか。
 現代日本の話です、と言わざるを得無い日が、残念ながら近づいています。アベ自民党の暴走を止めない限り。


21世紀の魔女裁判


 沖縄県知事選やら総選挙やらの連戦の総括もまだ終わっていないのだが、ちょっとこれだけは年内に書いておきたかったので、先に書く。
 殆どの日本人が(間違った方向で)知っていると思われる「STAP細胞」の一件である。

 論文っぽく結論から先に記すと。

 この一件で、「細胞にストレスを与えることによる万能性の有無の研究」そのものが、今後は禁忌とされてしまうのでは無いか。そういう危惧を抱いている。

 論点は以下の通りである。

1.研究成果には目もくれず、人間性という美辞麗句の元ひたすら人権侵害を繰り返してきた第4権力
2.科学的検証の必要性を全く無視して平然と政治介入を行う政治家
3.科学者を標榜しつつ学閥と権威を守る為の権力闘争に終始する生物学界の腐敗
4.これらを全く理解しようとせず権威に盲従するだけの日本国民

 順を追って論じていく。


1.研究成果には目もくれず、人間性という美辞麗句の元ひたすら人権侵害を繰り返してきた第4権力


 第4権力とは、政治学の用語で「立法」「行政」「司法」という、法に裏付けられた権力とは別に、マスコミュニケーションがこれらを監視する勢力として位置づけられることから「第4の権力」として定義できる、という発想から名付けられた言葉である。
 近年のネット用語で言えば、「マスゴミ」という言い方の方が一般的かもしれない。

 この「マスゴミ」という言葉に象徴されるように、第4権力の腐敗ぶりは目に余るものになっている。
 つい今週にも、週刊文春がカップ焼きそばの「ペヤング」の虫混入事件を告発した学生(無名の一般人である)を晒し者にして販売部数を稼ごうとするという、醜悪としか言えない腐敗ぶりをさらけ出している。

 ここまで行かずとも、特にテレビメディアによる人権侵害の数々は、BPOへの申し立て内容を見て貰えればその酷さが解るだろう。

 では、今回の「STAP」騒動ではどうか。まあ、わざわざ記すまでもあるまい。一年前のSTAP細胞論文掲載発表時には、研究成果については全く取り上げる事無く、特にTVメディアはさも自慢げに「我々は小保方さんの人間性に注目してみました」等と恥ずかしげも無く言ってのけていたのだ。
 にも関わらず、問題点が指摘された途端に自身の報道姿勢の検証はそっちのけで理研や小保方氏に対し「検証と説明責任を」と突き上げている始末である。

 彼らは今後、自分たちの行動について自戒することがあるのだろうか?
 記者個々人については、そういう人もいるだろう。だが、きっとそういう良心を持った人間は、今の第4権力の中では少数派なのでは無いか。だとすれば、今後も同じような報道の名の下の暴力は繰り返されるだろう。特に、彼らが全く理解しようとしない自然科学の研究に対しては。


2.科学的検証の必要性を全く無視して平然と政治介入を行う政治家

 一人具体的に名前を挙げてしまえば、下村博文文部科学大臣である。所轄大臣なのだからさすがに個人名を挙げても何ら問題は無いだろう。

 論文問題が世界レベルの騒ぎになり出した頃、文部科学省は理研に対する特定法人の指定を先送りした挙げ句、下村文科相が記者会見で公然と論文取り下げを要求したのである。

 ネイチャーまで巻き込んだ世界中が注目する研究成果なのだから、疑問点が出たら検証するのは当然であるし、事実世界中の研究者が検証に協力しようと準備を始めていた。しかしその矢先に、こいつは論文取り下げの圧力をかけて事実関係を闇に葬り去ろうとしたのである。
 取り下げた論文に対して検証作業もへったくれも無い。事実は有耶無耶になるだけである。

 悪意は無かった、という人がいるかもしれない。傷が浅いうちに無かったことにした方が良かったという論理だろう。だが、それこそが不見識の表れなのである。
 研究過程で何が行われたのか。論文のどこに不備があるか。「科学的」の要件である再現性はあるのか。記されている証拠のどこまでが事実なのか。事実である部分については何故そのような現象が起きたのか。これらを全て明らかにしなければならないし、それは世界中の協力を得なければ到底出来ない事なのである。
 それをこの文部科学大臣は、政治圧力でひねり潰してしまった。自然科学に対する冒涜、犯罪行為である。

 さて。ここまでで、下村文科相一人を攻撃する内容にしてしまったが、では他の政治家についてはどうだろうか。直接この件について何か発言したという話は聞かない。だが、もし下村ではなく他の政治家、与党は自民党だから自民党議員の誰かになるだろうが、誰であれ他の自民党議員が文部科学大臣をやっていたら、まともな対応が取れていたであろうか。
 甚だ疑問である。やっていない以上、YESともNOとも言えないが、疑問を呈さざるをえない。そもそも、上で書いた文章を読んだとして、その意味が理解出来るだろうか?
「官僚の言うことを聞いて、大衆の不興を買わない程度の発言をしておけばいい」、そういう程度の認識しか無い政治家が多い。これは事実だろう。
 科学研究や、それを支援する為の科学行政に対するまともな見識を持ち合わせた政治家など、一体何人いるのだろうか。


3.科学者を標榜しつつ学閥と権威を守る為の権力闘争に終始する生物学界の腐敗

 これについては、パンドラの箱と言わざるをえない話である。自分ですら開けるのが怖い。出来れば目を逸らしたいレベルの話だ。

 最初に断り書きしておくが、生物学、自然科学研究に関わる人間全てが、権力闘争に明け暮れているわけでは無いことは、きちんと断り書きしておく。むしろ、真剣に研究活動に没頭したい人間が、そういう権力闘争のせいで足を引っ張られ潰されて、世に出るはずの研究成果ごと潰されている、それが日本の科学研究の実態だ。

 自分自身は物理学という(日本では)かなりリベラルでやりたい放題が許される学問領域の出身なので、周辺でさすがにそこまで酷い話は聞かなかった。それでも、学生時代には物理学会のポスターセッションで中傷としか言えない言いがかりをつけられたことがあった(たかがポスターセッションで)。

 これが生物学の領域になると本当に酷くて、ざっくり言うと医学部系と理学部系と農学部系で派閥争いというか殆ど序列みたいなものがある。農学部系の人など素晴らしい研究成果を出しても学会では全く相手にされず、結局学問の世界を去って全く関係ない職業に転職していくという例はごまんとあるようだ。理学部でも、生物学科系でない出身の人は殆どゴミ扱いで、やはり相手にされない。(※物理系の人間はそれでもお構いなしで突っ込んでいくもんだからかなり煙たがられるが笑。)

 当然学閥争いというのもあって、まあこれは一般の人にもわかりやすく、東京大学が絶対王者として君臨している。京都大学ですら決して序列が高いわけでは無く、あのiPS細胞の山中教授ですらその辺で相当苦労したらしい。
 そんな経験があるからか、京都大学はiPS細胞で勝ち取った権威を守るのにかなり必死で、「STAP細胞がiPS細胞に取って代わる」という報道には、かなり神経質になっていたし、小保方潰しの流れになったときにはこれ幸いとそれに荷担する動きもあったようだ。(私の所にすら、昔フォロワーだった京大卒の人が変な言いがかりをつけてきたくらいだ。)

 しかしこういう京大系の動きはある意味自己防衛とも言えるのでまだマシとも言える。もっと性質が悪いのは、学歴はあるが自分ではまともな成果を上げていないような輩が、論文の些末なミス、否ミスとすら言えないようなものをあげつらって人格攻撃に走っているような事例だ。
 こういうのは何も研究者に限らず民間企業や物書きでもあることなのだが、今回のようなケースでは、高学歴という権威づけがなされている人間が集団でやっている分、尚のこと性質が悪い。

 最近は少し下がったとも聞くが、少し前までは東大入学者の半分が受験専門高校の出身者が占めていた。自分が受験生の頃は、そこまでの比率では無かったが、そういう学校の出身者で無くともとにかく人を蹴落として受験に勝つことしか頭に無い人間が「上流大学」を占拠していた。そんな人間がそのままエスカレーターの如く研究職、それに限らず高級官僚や一流企業の幹部職に付いている。それが今の日本社会だ。
 そんな人間が結果を出せるか。若しくは結果を出した人間を正当に評価できるか。失敗したときに真っ当な検証作業が出来るか。
 出来るわけが無い。

 「STAP事件」は、そういう構図の縮図とも言えるのでは無いだろうか。


4.これらを全く理解しようとせず権威に盲従するだけの日本国民

 ここまででこの項目の論旨の半分位を既に書いてしまったのだが、要約を兼ねて書いておく。

 細胞研究の具体的内容には関心を寄せず、小保方晴子の割烹着姿にばかり興味を持つ日本国民。
 科学的検証の必要性を説く政治家よりも、耳障りの良い台詞を吐く大衆迎合政治家を選挙で選出する日本国民。
 学閥と権威に盲従し、若しくは自らそれに加わる猿山のサルの如き日本国民。
 
 ざっくり書いてしまったが、つまりはこれらが問題の根源なのである。

 TVインタビューで、「科学者なのだから説明責任を果たすべき」等といっているアホがいた。科学者にそんな責任は無い。自分の出した成果を認めてもらう為なら論証を積み重ねる必要はあるが、研究活動というのは基本的に自由なものである。公的責任など何ら存在しないし、説明責任などあろうはずも無い。
 まさに、日本人の科学研究に対する無知蒙昧ぶりを象徴する発言である。何もこの人一人に限らないだろう。多くの、殆どの日本人がそうだ。天気予報は予報であって予知では無い、それすら理解出来ていないのだから。

 その結果が、今回の「魔女裁判」としか言いようのないこの顛末である。

 研究の過程や意義には何らの理解も示そうとせず、魔女を狩ることばかりに終始する日本人。そんな環境で、今後この分野の研究を行うことが可能であろうか?
 よって、最初に述べた、『「細胞にストレスを与えることによる万能性の有無の研究」そのものが、今後は禁忌とされてしまうのでは無いという危惧を抱いている』という結論に至るのである。

 中世欧州の魔女裁判で「魔女」とされた人には、実際には化学や薬学の研究者が多く含まれていたとされている。魔女とは言っても男性もかなりの数が魔女として処刑されたようだ。そしてその多くが、彼らの研究活動に対する一般大衆の無知偏見から来る告発によるものであった。
 そして今、現代日本で同じ事が起きている。大袈裟などでは無い。実際に死人まで出ているのだ。それとも、拷問器具まで持ち出さないと、愚昧な日本人は満足できないのだろうか?

 救いはあるだろうか。中世欧州でも、「魔女」の研究に理解を示し教会から隠し守り通した人々も僅かながらいたという。
 現代日本にそのような人間がどれだけいるだろうか。









STAP細胞の有無は関係ない、ただ納得いかないだけだ


 記事引用:「仕方なかった。悲しい」小保方氏、苦渋の選択…検証実験へ参加願い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140604-00000569-san-sctch

 「再現実験が出来ていない」という歴然とした事実があることは承知の上で、敢えて言わせて貰う。

理研による科学的検証がちゃんと真っ当なものであるならば、多少時間をかけたってその正統性を堂々と主張していけばいいわけで。小保方氏本人が「納得してない」にも関わらず(何があったか知らないが)不本意な同意を強いられたのであれば、それこそ大問題だ。
 案の定、下村博文のバカが鬼の首を取ったかのように偉そうなことぬかし始めてるし。完全に自民党政権が体面を守る為に政治的圧力を加えたと言わざるをえない。
(だって理研は、独立行政法人という国の言いなりにならざるを得ない機関なのだから)

 唯一の希望は、以前にもTwitterで書いたように、論文撤回にはハーバードのバカルティ教授の同意が不可欠で有る事。これが最後の希望だろう。いくら日本の愚民共に圧倒的支持を得ているアベ自民党政権といえど、ハーバードに圧力かけることなんてできるはずがないのだから。

 ただ、何度も繰り返すが、再現実験が出来ていないというのは、はっきり言って致命傷だ。「科学的であること」の基本要件を満たしていないのだから。
 右翼利権による「再現実験をさせない」圧力がかかっている疑いもあるが、その辺も含めて徹底的な調査・検証が必要だろう。だって、iPS細胞に多額の投資をしてきたヴェンチャーキャピタルなんか、STAP細胞なんてものが出てきたら投資がパーになりかねないのだから。そりゃ全力で潰しにかかってくるだろう。(※気をつけなくてはいけないのは、あくまでiPSでボロ儲けしようとしている右翼利権は、京大の山中教授を始め実際にiPS細胞の研究をしている人達とは別物だということだ。
 国民もマスコミも、イの一番にそれを要求していくべきだ。特にマスコミは、それこそが本来果たすべき役割だ。「小保方氏の人間的側面」云々など、心底どうでもいい。そんな下らないことで大騒ぎしたマスコミ(特にTVメディア)は反省と罪滅ぼしの為にも、徹底的にこの問題を追及していくべきだろう。

 マスコミも日本国民も腐ってるから、期待薄だけどね。小保方氏は、さっさとハーバードに移籍した方がいい気がする、個人的には。

 

--------------


予約残存状況


探偵ナイトスクープ、予約からカット。

20140525HDD録画予約状況

--------------

1 HDD 僕らはみんな河合荘「おすすめの」
BS161 毎日曜日 01:30-02:00
2 USB 軍師官兵衛(21)「松寿丸の命」[解][字
][デ]
031 毎日曜日 20:00-20:45
3 HDD 一週間フレンズ。 第7話
BS211 毎月曜日 00:30-01:00
4 HDD NEWS アンサー[字]
101 毎月~金 16:52-17:20
5 HDD ワールドビジネスサテライト
101 毎月~金 23:00-23:58
6 HDD ご注文はうさぎですか? 第7話
BS211 毎火曜日 00:00-00:30
7 HDD マンガ家さんとアシスタントさんと 第7

BS211 毎火曜日 00:30-00:43
8 USB 神々の悪戯
101 毎火曜日 02:05-02:35
9 USB ラブライブ!2期 第8話
BS211 毎水曜日 00:00-00:30
10 HDD ブレイクブレイド 第8話「ウェイスト・
ランド(死地凶変)」
BS211 毎水曜日 00:30-01:00
11 HDD 星刻の竜騎士
101 毎水曜日 02:05-02:35
12 HDD 一週間フレンズ。
101 毎水曜日 03:05-03:35
13 HDD 日本政治外交史 第8回「
BS232 毎水曜日 13:45-14:30
14 USB デジタル情報の処理と認識 第8回
BS232 毎水曜日 17:30-18:15
15 HDD HUNTER×HUNTER「ムジョウノ
ヨロコビ×ト×ムショウノアイ」#128

041 毎木曜日 02:15-02:45
16 HDD 彼女がフラグをおられたら 第8話
BS211 毎木曜日 03:00-03:30
17 USB 認知神経科学 第8回
BS232 毎木曜日 16:00-16:45
18 USB 情報のセキュリティと倫理 第8回「情報セ
キュリティ
BS232 毎木曜日 17:30-18:15
19 USB 観光の新しい潮流と地域 第8回
BS232 毎木曜日 20:00-20:45
20 HDD 物質環境科学 第8回「環境と遺伝子変化」

BS232 毎木曜日 20:45-21:30
21 HDD ご注文はうさぎですか?
101 毎金曜日 02:05-02:35
22 HDD エスカ&ロジーのアトリエ
101 毎金曜日 02:35-03:05
23 HDD 僕らはみんな河合荘 #8[字]
051 毎金曜日 03:26-03:56
24 USB 地球のダイナミックス  第8回
BS231 毎金曜日 07:30-08:15
25 USB ケースで学ぶ現代経営学 第8回
BS231 毎金曜日 09:00-09:45
26 USB エネルギーと社会 第8回
BS231 毎金曜日 15:15-16:00
27 USB 環境工学 第8回「脱温暖化社会(2)~脱
温暖化社会
BS231 毎金曜日 16:45-17:30
28 USB 途上国を考える 第8回「工業化に伴う問題
を考え
BS232 毎金曜日 20:00-20:45
29 HDD アニメ キングダム2(9)「つなぐ願い
」[字][デ]
031 毎土曜日 02:20-02:45
30 USB 棺姫のチャイカ 第8話
BS211 毎土曜日 03:00-03:30
31 HDD FAIRY TAIL ~フェアリーテイ
ル~[字]
101 毎土曜日 10:30-11:00
32 USB 自治体ガバナンス 第8回「人事行政」
BS233 毎土曜日 16:45-17:30
33 HDD 報道特集[字]
051 毎土曜日 17:30-18:50
34 HDD シドニアの騎士
BS161 毎日曜日 00:00-00:30
35 — 新規予約
— —-/–/–(-) –:– –:–


リトバス2期Reflain~第7話~感想~


 7話に加えて特典BDが来るようなそんなときに限って体調崩して寝込むハメに。…いやまだ全快してないんだけど、これ以上延期すると8話の放送始まっちゃうし。

 とりあえず、書き留めてたメモでも読み返してみましょうか。
 生きることは失うこと。エントロピー。ここにいる鈴は本物の鈴じゃない。本物の鈴は別の世界にいる。界王様の元で強くなるために修行してる。

 うん、メモはあまり気にしないようにしよう。

 今回着目すべきなのは、やっぱり謙吾ですね。うん、愛とか何とか言ってるのは、まあ聞かなかったことにしよう。そこじゃなくて。謙吾は理樹をどう見てるのか。という。そこですね。

 冒頭、謙吾と真人が戦闘を始めて、理樹が止めに入ったとき。謙吾は何かに気づいています。

「今度の世界は、食堂に俺の知らない特別メニューがある…!」

 そんなわけはありませんね。

 おそらく、今までの世界ではただおろおろするだけだった理樹が、今回は喧嘩を止めに入ってきた。そこに、理樹の成長を感じ取った。そんなところでしょう。
 しかし理樹は、この直後謙吾を失望させてしまいます。言ってることが恭介の模倣でしかなかった。これに失望したのでしょうね。

 でも、理樹が成長の兆しを見せ始めた、これを見逃す手は無い。そう思った謙吾は、理樹に何か面白いことを提案してみろと要求します。みんなで出来る楽しい遊び。みんなで、ってとこが重要ですね。愛とか何とかはどうでもいいです。こんなとこでロマンチック大統領発動しないでください。まあ、ラブラブミッションみたいなの理樹が提案してれば、謙吾もそれなりに満足だったかも知れませんが。
 しかし理樹は、ここでまたしても恭介の猿まねしか提案してきません。それで謙吾は怒ってしまったのですね。恭介のやり方が不満で、それでわざわざ小毬たちと裏で手を組んで理樹の行動を修正しようとしているのに、理樹と来たらいつまで経っても結局恭介恭介。

 だってね。冒頭からいきなり、廊下を駆けながら、「恭介! 恭介! 恭介ぇぇぇぇ~!!!」ですし。

 ここのシーンなんですけどね。何回再生しても笑えてきてしまうんですわ。いやもちろん笑うシーンじゃないんですけど。何なんでしょう、堀江さんの演技がすごすぎるんでしょうかね。
 堀江さんの演技と言えば、今回は無かったけど、理樹がキレまくってることにえらく不満な人がいるみたいです。別に原作でも理樹キレてるんだけどなあ。堀江由衣のキレ声なんて聞きたくないホァァァァ! という堀江信者なんでしょうか。修行が足らんなあ堀江信者。我々の業界では、佳奈多に罵倒されることはご褒美であり毎晩寝る前に佳奈多の罵声を聞き心が満たされることに心地よい安らぎと平穏を感じながら静かなる眠りにつくというのに。

 まあそんなのどうでもいいか。

 ところで、謙吾と小毬って、どのタイミングで仲良くなったんでしょうねえ。いやね、真剣白刃取り伝授するくらい仲がいいわけじゃないですか。でも謙吾って野球の練習加わったのだいぶ後だし。世界を繰り返してるうちに仲が深まったんですかねえ。ってこういう事書くとまた謙こまとかそういう話になってあらぬ所から石投げられたりするから、やめておこう。

 原作だと、恭介は「俺が鈴をあんなにしちまった」ってなかんじで自分を責めて引き籠もっちゃってる感じだったのですが。アニメの方は、そんな自分を責めてる感じは微塵も感じられませんね。それどころか、「俺が鍛えてやってるのに鈴は弱いままだ友達もいない」って。いやね恭介さん、あなたの目には見えてないかも知れないけど、鈴ちゃんは今界王様の元で修行を

 さて。次回はいよいよ、界王様の元で修行して強くなった鈴が戻って来て、暴れる真人と対決するぞ! 逃げろ真人、今のお前じゃ鈴には勝てないんだ! 生きろ真人!
 次回「真人死す」

 ごめんこれシャレになってなかったわ。

--------------


リトバス2期Reflain~第5話~感想~


 鈴ちゃん鬱病で俺も鬱発症

 いや、冗談抜きで。
 マジで。
 これで、もし原作通りに鈴が「あなた何しにここに来たの?」なんて言われてたら、もう自殺モンでしたわ。

 てことで。鈴がブラックな職場に放り込まれて鬱病患って戻って来たのにまた戻すとか行ってる鬼畜恭介から逃げ出した理樹と鈴はあっさり警官に捕まってしまいました。という、何とも駆け足なお話。いやー、さすがに駆け足過ぎでしょ。

 こうしてみると改めて、恋愛要素なんて蛇足以外の何物でも無かった、って思いますね。
 そんなしょうもないことで第4話を丸ごと使っちゃって。この尺があれば、逃亡生活ももうちょっと丁寧に描けただろうに。一体この先理樹はどのタイミングで己の無力さを痛感するんでしょうか。なんか一瞬だけ映った混浴シーンも、入れないとうるさいエロ厨がいるから入れたんだろうけど、正直「え、鈴って自力で入浴できないくらいの要介護状態なの!?」としか思えなかったです。いや実際そういう事なのかも知れないけど。

 しかしまあ、アニメの恭介の驕りっぷりは凄まじいですな。「鈴が今まで泣かなかったのは、俺が守ってやっていたからだ」うわああ。いくら、恭介大不信状態に陥った理樹の視点だとは言え。なに、この人結婚したらDVに走るタイプですか? とか思ったり。
 まあ、唯湖編の高宮勝沢といい、悪役をとことんまでにヒールに仕立て上げているのが2期の特徴だから、恭介もその方針の犠牲になったのだろう…たぶん。

 というか。それ以前に、鈴って1期で泣いてたよね? 理樹の目の前で。理樹君はそれすらも忘れてるって事か。
 誰も鈴の本当の姿が見えていない、そういう展開なのかな。「はなせるひとがいない」って、何も提携校だけの話じゃなくて、戻って来たって結局同じだと。だから小毬ちゃんとも電話が繋がらなかったと。うわあ、なんだこのヒロインいじめ。そりゃあヒロインいじめはkeyの伝統だけど。

 欝だ。

 気分転換をしよう。理樹の携帯にはどんなメールが届いていた? 真人のメール、タイトルは「なんと!」。この状況で一体何の話してるんだよ。まさかこれが重要な伏線だなんて事は…。そういえば、原作だと謙吾が「一日待って欲しい」って言ってるけどアニメではカットされてるし、その代わりになる何か? だったりして。
 いやBIG買いに行ってただけかも知れないけど。ああ高校生だしそれは無いか。この番組の設定は架空のものらしいし。

 とりあえずこれ以上書くことは無い。

--------------


そういえばナタデココブームなんてありましたっけね


 あるある大事典納豆捏造事件。
 納豆がダイエットに効く、という内容でスーパーの店頭から納豆が消える事態を引き起こした2週間前の放送が、捏造といわれても仕方がない内容を含んでいたというもの。
 まあ、それ自体は指して驚くには当たらない、自分としては。テレビコンテンツなんて、もともと虚構だらけの世界なわけだし。こういう類のことは、今に始まったことではない。(特にフジ系列はそういうのが多い気がする、ただし自分の主観。)
 良いことだと言うつもりは無論無い。が、連中のこういう体質は、きっと今後も改まることはないだろう。一般人の感覚とはかけ離れた生活を送ってるからね、あの業界の人たちは。「テレビなんてみんな嘘つきだ」くらいに思っとくべきだ。
 問題なのはむしろ、そんな「信用できない」事が明白なテレビ番組に乗せられて、納豆買い占めに走った視聴者の方だ。
 実際納豆が健康に良いことは昔からわかっていたことであって、番組をきっかけにそれを思い出して買いに行った、ぐらいなら全然問題は無いだろう。
 だが。今回の騒ぎは、正直常軌を逸している。そもそも納豆なんて、1ヶ月前だったら閉店前に値引きシールが貼られて並べられるくらいの商品だったはずなのに。それがあっという間に品切れなんて、異常すぎる。
 新聞記事には、「納豆は嫌いだったけど番組を見て毎日2パック食べた」なんてインタビューが載っていた。おいおい、なんでそこまでテレビ番組を盲信しちゃうわけ? 嫌いな食べ物食べ続けるくらいだったら、他にダイエットの方法なんていくらでもあるだろうに。
 「自分の頭で判断する」という能力が、失われてしまっているとしか思えない。
 たぶん、この事件をきっかけに今度は「もう納豆は食べない」とか言い出すアホが続出するんだろうな。
 納豆製造業界も、きっといい迷惑だろう。売れたといっても、放送直後は生産が追いつかないから大した数を出荷できていないだろうし、ようやく生産体制が整ったと思ったら、もうブームは終わりで大して売れない。残るのは不良在庫。
 10数年前にナタデココブームというのがあって、原産地のフィリピンで需要に対応するために生産能力を増強したら、途端にブームが終わったということがあったらしい。
 そう、あの当時ナタデココブームを引き起こしたのって「若い女性」だったんだけど。その彼女らは年齢的に言って、今回納豆買い占めに走った層とかぶるんじゃないのかなあ・・・?
参考:
「買い物客「番組通り食べたのに」 納豆ダイエット」(asahi.com)
納豆売ってないんです!あるある大辞典捏造を考える(かんがえるコト)
wikipedia 「ナタデココ」
-----


HD、ゴールしたらあかあぁん


 サーバメンテナンスのため土曜出勤している荒野草途伸です。て言うか、他の奴ら来てねえし。なんで風邪が治らない自分だけが来てるんだ・・・ってもしかして自分が染したのか?!
 まあ、それはいい。で、サーバ再起動は時間がかかるのでその間にここんとこ怠りがちなblogのチェックをやっていたら、てりぃ氏のとこでAIRのブルーレイBOX発売だとぉ?!という記事を発見。
 あの名作と名高いTV版AIRを、BD(ブルーレイ・ディスク。ソニー・松下が推奨する次世代記録メディア。)で出し直すということが、公式サイトのインフォメーションに出たようだ。
  まあ、ブルーレイの方が“名前的に”AIRにふさわしいというのは認めるが・・・。価格の安いHD(HD-DVD。東芝・NECが推奨する企画で、BDと対立している)の普及を期待していた自分としては、ちょっとショックである。
 ハリウッド陣営が一斉にBD陣営に走り、HD陣営が苦境に立たされている中、AIRまでもBDに走るとは。「ブルースカイ(青空)、お前もか」という気分である。
 あー、でもBDで出し直すってことは相応にそれ向けの宣伝をするはずで、その為にAIR再放送するって線はあり得るなー。どうせやるなら、今度は地上波ゴールデンタイム全国放送でやって欲しいなあ。もちろんその為の費用ははソニーと松下が出すということで。
-----


北川潤は関智一


 声優が変わったということで、10年ぶりぐらいに「ドラえもん」を見た。
 ドラえもんって、こんな馬鹿な内容の話だったっけ? と思ったが、よくよく思い出してみたら原作もこんな感じの話だった。元々が大人向け漫画であるクレヨンしんちゃんと一緒にしてはいかんな。
 とりあえず新しい声の評価。まあ、いいんじゃない。というか10年ぶりだからむしろ、全然違和感無い。強いて言うならば、ドラえもんの声が前任の大山のぶ代を意識しすぎという感じがした。もっと地を出していいと思う。
 ま、そんなところで。
blogランキング、1日1クリック
-----