カテゴリー別アーカイブ: Angel Beats!



真夏の夜の親告


ちょっと眠れなくていろいろ考えモード。
長くなりそうだったのでTwitterではなくこっちに。
TPPでほぼ協定の中に盛り込まれることになってしまったらしい「著作権法違反の非親告罪化」。
TPP交渉自体が暗礁に乗り上げかけているので、正直若干楽観視してはいるのだが、まあ問題点はきちんと整理しておかないとまた次同じ事が来たときに対処できない。

で、この問題に関していろいろ詳しい、てんたま氏(@tentama_go)のツイートに、こんな事例が。

これが純粋な「記事」であれば、批判だろうが提灯だろうが「これは引用だからそもそも著作権侵害には当たらない」と主張することも出来そうですし、警察としてもそれを考慮して事件化しない可能性が高そうですが。
問題は、単純コピーや二次創作の場合ですね。

あと、「収益性」という判断基準って、実際どうなの? というのもあります。

例えば、こんなケース。

あるアニメがありました。そのアニメは内容に問題があって、多くの視聴者からは駄作とみなされていました。
けれども、反対に熱心な信者もいました。信者はそのアニメの良さを知って貰いたい認めて貰いたいという一心で、そのアニメの「名シーン」をかき集めてMADを作りました。
けれども、アンチからしたらその「名シーン」こそがその作品の批判点だったのです。そのアニメはますます評判が悪くなり、売上は爆死となってしまいました。

この信者に、悪意はあったでしょうか。どちらかというと善意でしょう。売上を妨害する敵と戦っていたのでしょう。でも純粋に「収益性」でみれば、この信者のやったことは完全にアウトですね。
こんなケースも考えられます。

ある同人作家がいました。その人は、自分の作品で食べていけたら理想ではあるけどそれ以上に自分の作品が売れて名前が売れるたらいい、そんな風に思っていました。
その同人作家にもファンがいました。ファンは同人作家の為に必死です。なんとかして同人作家の作品を売って、同人作家の生活を助けなければならない。そう思って、作品の一部を無償配布したりしてかなり強引な売り込みをかけました。
おかげで、売れました。結構売れました。お金は入りました。でも、その強引な手法があだとなって、同人作家の評判は悪くなりました。売る為に何でもするお金が大事な奴だ、というレッテルが貼られてしまいました。

さて。この場合の「収益性」ってなんでしょう? お金だったら、いっぱい同人作家に入りましたね。収益性はむしろプラスですね。「収益」の基準をお金に置くなら。というか普通そうですが。
でも。この同人作家が望んでいたのは、「知名度」ですよね。で、その知名度はガタ落ちしてます。
でも一応お金は入ってます。「収益性」と「知名度」、天秤にかけてどっちを取るか。

 
現行の「親告罪」のままなら、特に問題はありません。判断するのは同人作家です。
ところが。これを全然関係ない第三者に委ねてしまうのが、「非親告罪化」です。勿論被害者の告訴意思は尊重する、とはされていますが、果たして実際告発が行われた後でどこまで自分の意志で判断できるか。
さらに問題は、「収益性」です。「収益性」がプラスですから、今回の「非親告罪化」では、これは告訴対象にはならないとされています。しかし、「告発」が行われたら、「知名度」が損なわれているという事実もあることから、警察は同人作家への聴取を行い、自ら被害を訴えるかの確認を取るでしょう。(まあ、この聴取は、「被害者の告訴意思を尊重する」という事でどんなケースであっても行われるはずですが。)ただ、このケースの場合、相当厄介な裁判になることが想定されます。
親告罪のままであれば、告発はせず示談で済ませた方が得策、と弁護士は助言するのではないでしょうか。勿論人によって考え方は違いますが。
と、ここまで書いていて気づいたのですが、アメリカって確か、「民事」と「刑事」で判断を統一する、という司法制度になっていたとか、そんな話があったような。日本のように、刑事では無罪だけど民事では損害賠償義務を負う、と判断が分かれる様なことが無い、というのをなんかで読んだような。
で、あちらさんの著作権絡みのロビイスト達って、ひょっとしてこの日本での民事と刑事の扱いの違いを認識してないんじゃ無いかと。だから民事裁判で勝つ為に、詭弁としか言えない刑事での非親告罪化を導入させようとしているのではないか?
と。まあ、これは今ふと思った憶測なんですが。

なので、逆に言えば、非親告罪化が導入されて、刑事では有罪になったけど、民事では勝訴して損害賠償義務は無し、という可能性もありますよね。上記のような複雑なケースだと。
でも有罪だから刑務所行き。著作権者は民事敗訴だからお金取れない。告発者は元々何の利益も無し。国は受刑者の刑務所暮らしの生活費負担しないといけない。誰も得しない。正に誰も得しない。そんなケースだって、あり得るのですよね…。

まあ、今回のこの「非親告罪化」、どうもアメリカだけで無く、日本国内の業界云々政治云々の思惑も渦巻いているような気がしてならないのですよね…。下手に書くと炎上しかねないので詳しくは書きませんけど。(いや私個人は炎上上等なんだけど、私一人の問題じゃ無いもんでね。)
で、そういう連中が「ガイアツ」をうまいこと利用して、あわよくばちょっとうまい汁吸ってみようかという思惑で、むしろ積極的にこの「非親告罪化」を受け入れさせてしまったんじゃ無いかと。そんな疑念すらあるんですよねえ。私の場合ですけど。
おー。結構長くなってしまった。140文字どころの騒ぎじゃ無いわ。




バ鍵ンのパパはバ鍵大学卒業


♪もんもんだよもん だよもんもん♪

 鍵っ子の定義というのが最近のトレンドに上がっているような気がしたので(気がした)、荒野草途伸の掲げる鍵っ子の定義を公開しようと思う。
 
 と書いたのが、約二週間前。完全にタイミング逃した。
 
 まあ、いい。どうせ数名しか見てない。
 
 
 受験シーズンなので、鍵っ子の定義を大学のカリキュラム風にまとめてみた。頑張って大学に入ってもこういう事が待ってるんだという現実の突きつけをして受験生の精神を不安定に陥れる意味合いもある。単位落とした現役大学生は、まあ、頑張れ。

バ鍵大学 バ鍵学部 共通履修科目
区分科目名備考
必修 AIR IPC版、DC版、PS版いずれでも可。1科目必修
選択必修 Kanon I(PC、DC)、CLANNAD I(PC、PS)、Planetarian、リトルバスターズ! II(EX)、Rewrite I(無印)。全てゲーム版。5科目より3科目以上を必ず選択する
選択共通選択リトルバスターズ! I(無印)、リトルバスターズ! III(CE又はPE)、クドわふたー I(PC、CE)、Rewrite II(HF)。並びに、選択必修の5科目全てゲーム版。選択必修は重複して加算できない。
専攻選択古参専攻 MOON.、ONE I(PC版) ONE II(PS版)全てゲーム版。
麻枝専攻智代アフター、Angel Beats! 概論、終わりの惑星のLove Song
いたる専攻同棲、僕らはみんな恋をする、HORRY BRAKER全てゲーム版。
アニメ専攻Kanon II(東映版) Kanon III(京アニ版) AIR II(京アニ版) CLANNAD II(京アニ版) リトルバスターズ! IV(JC版)。全てアニメ版。
以上23科目(選択必修5科目を含む)より、12科目以上。

 合計16科目を履修した上で、鍵っ子としてふさわしい論文若しくは二次創作作品を公表できること。
 (※各専攻の履修要件は専攻毎に定める。専攻限定の科目は未記載)
※未開講科目あり

 たぶん苦情が出るだろうから、補足しとく。
 AIRが必修なのは、まあ、譲れない。AIR15周年というのもあるけど、やっぱり鍵っ子名乗るんならAIRはやっとくべきでしょうと。別にAIR実習(リアルタイムプレイ、聖地巡礼など)までやれとは言わんからさあ。
 リトバスを分けたのは、これは、やった人ならわかると思うけど、これだけバージョンによって内容が変わるから。無印とEX以降は世界設定が違うってのは、開発日誌でも明言されてることだしね。

 というか、書いてて気づいたんだけど、俺どの専攻の卒業要件も満たしてねえわこれ
 




どうもまだ誤解してる人がいるようだから、麻枝キャラをまとめておこうか。


 1/3は麻枝潤と民安ともえの誕生日らしいです。もしかして二人はデキてるのか!?

 
 「佳奈多は麻枝キャラじゃ無い!」とブチ切れるのはもはや恒例行事となりつつあるが、なんかそれ以外のキャラに関してももしかして勘違いしてる人がいるのかなと気になったので。今年はAIR15周年ということで、改めて麻枝キャラを整理。

MOON.天沢郁未、巳間晴香、巳間良祐、高槻
ONE長森瑞佳、七瀬留美、椎名繭、氷上シュン、(折原浩平 {*1})
Kanon沢渡真琴、川澄舞、倉田佐祐理、倉田一弥、久瀬、天野美汐、(水瀬秋子 {*2})
AIR神尾観鈴、神尾晴子、(国崎往人 {*1})
CLANNAD古河渚、伊吹風子、坂上智代、宮沢有紀寧 {*3}、古河秋生、古河早苗、相良美佐枝、志麻賀津紀、伊吹公子、芳野祐介、幸村敏夫、春原陽平、春原芽衣、岡崎汐、(岡崎朋也 {*1})
智代アフター坂上智代、岡崎朋也、とも
リトルバスターズ!棗恭介、(棗鈴 {*4})、宮沢謙吾、朱鷺戸沙耶、時風瞬、マズク・ザ・斉藤、(直枝理樹 {*1})
Angel Beats!<全員>

注釈:
*1 主人公なので他ライターも担当しているが、作品の企画が麻枝ということで
*2 久弥企画作品だが、麻枝担当シナリオでは明らかにキャラが違う為
*3 元々は涼元担当だったが、最終的に麻枝と魁で分担している。
*4 麻枝と城桐で分担。

 どちらかというと、麻枝が担当していないキャラを麻枝と勘違いしてる人がいる傾向があるので、それ以外のキャラもざっくり。誤解が多そうなキャラだけ。

鹿沼葉子(MOON.)→久弥
川名みさき(ONE)→久弥
柚木詩子(ONE)→久弥
霧島佳乃(AIR)→イシカワ、涼元
神奈(AIR)→涼元
藤林杏(CLANNAD)→魁
二木佳奈多(リトバス)→城桐
クドわふ→全員城桐

 逆に、麻枝が担当してるのに他ライターの担当にされちゃってるという話はあまり聞かないなあ。舞佐祐理が久弥キャラにされてたのなら、昔目にしたか。




Angel Beats! の何が間違っているか


 Angel Beats!に関してはもう黙殺するつもりでいましたが。
 自分自身が自殺騒動起こして、ちょっといろいろ思うところがあってというか溜め込んでたというか。

 やっぱりどれだけ敵を作ろうが、言うべき事は言わないといけないと思ったので。
 Angel Beats!6連作ゲームが出る前に、改めてあれの何がいけなかったかという、荒野の考えをここに書いておきます。

 Angel Beats!の設定は死後の世界だというのはわかります。
 でもね。例えあの世界がどんな世界であろうとも、ゆりっぺさんやSSSの連中はあの世界で一生懸命生きようとしていたわけでしょ。苦行でしか無いようなことまでして、必死であの世界で「生きてた」んじゃないですか。
(この点は、アニメーターの西田亜沙子さんも指摘されていますよね)
 
 だからゆりっぺさんが主人公ならここまで文句は言わなかった。自分はね。
 
 けど、クズルとかいうよくわからんカルト教祖が出てきてこの世界は間違ってるとか言い出して。
 でも、ユイを消して自分のしでかした間違いに気づくお話なのかしらんと思ったら、そんなこと全然無くて。
 
 「次は誰にすっかなー」
 
 って何の反省も無く全員消す気満々。
 で、みんなを集団自殺に導いた挙げ句、誰かはわからないけど「手こずった奴」を日向と直井がおそらく「催眠術」で強制消去したわけでしょ。もはや殺人じゃ無いの。
 しかもクズルは自分が勝手に恋人と思い込んでたかなでと二人で残ろうとした。
 
 で、ストーリーとして、それこそが主人公の犯した間違いだ、って事がちゃんと描写されてれば、まあそういう話なのかと納得も行ったけどね。主人公が間違いを犯す、って麻枝ストーリーの常套手段だし。
 でも、どうもそうじゃない。クズルの思想が正しい全肯定すべき、という意志しか見えなかった。間違った世界からは無条件で「先に進む」事をしないといけない、等というオウム真理教張りの反人道的な思想しか見えてこなかった。
 
 これが、私がAngel Beats!を絶対に認められない理由です。
 放送直後にもTwitterで言ったけど、こんなのを好きだと言ってる人は、本気で自分の人間性を見つめ直して貰いたい。
 
 麻枝准が6連作ゲームで何をしたいのかは知りませんが。これだけは、「どうしても伝えなければいけないこと」です。
 
 反省点としては、もっと早く言えば良かったですね。
 
 
 
 
 
--------------


 




AngelBeats! 全話を通して


 最終回は予想外の出来でした。悪い意味で。12話見た時点で、あまり期待はしないでおこうと覚悟していたのに、ラストの音無のクズっぷりに初見では怒りすら感じてしまいました。
 何回か見直して、ネットでの意見とかも見て、ようやく冷静になれたという感じです。そういう意味では、「ここまで人の心を熱くさせ、泣かせる作品はなかった」という事なのかもしれません。
 大変酷な言い方ですが、私個人の感想としてはそういう風に位置づけるしかありません。最終回、というか後半については。
 まあしかし、ここでは最終回についてあんまり酷評するのはやめておきます。…ツイッターで散々吐きだしてしまった後なんですけどね。
 しかしこの作品は、何も考えずに見ると「ナニコレ」だし、逆に深く考えると矛盾や粗ばかり出て来るし、楽しんで見るには「中途半端に考えながら見る」というちょっとしたテクニックが要求されますね。この作品を評価するのに奇跡理解力なる言葉が編み出されているようですが、言い得て妙だと思います。
 全話を通してみれば良いところもあったし、なんだかんだ言って最終回まで見たし、DVDもとりあえず1巻は買ったし、総じてダメだったとは言い難いですが。
 とりあえず、この作品を反芻する意味と出来るだけ肯定する意味を兼ねて、天使=立華奏の思考をちょっとトレースしてみようと思います。…まあ、殆ど独自解釈を交えたものになりますが。
1話:変な人が寄ってきて死なない事を証明しろと言ってきたから、左胸ぶっ刺してみた。→あ、心臓無い。もしかして私に心臓提供してくれた人? 大変、助けなきゃ。死にはしないから、保健室で寝かせておこう。→治ったみたい。ちゃんとお礼言わなきゃ。第二連絡橋にいるらしい、行ってみよう。→いきなりお腹撃たれた。なにそれ、ムカツク。あ、逃げた。
2話:彼はSSSの人達と地下空洞に行ったらしい。追いかけてお礼を言おう。→忘れてた、ここはトラップだらけだった。→やっと追いついた。あ、ゆりと一緒にいる。面倒くさいな。ゆりが撃ってきた。ムカツクから本気出そう。え、ゆりの事かばうの?なんで?
3話:SSSが公開ライブをやるらしい。ムカツクからポスターはがしてやろう。…一般生徒から文句言われた。まるで悪役ね…。→彼が会場にいるかもしれない、見に行こう。→いなかった。教師が乱入した。任せて帰ろう。→あ、いい曲。バラードは好き。→帰ったら部屋荒らされてた。ムカツク。
4話:球技大会にSSSが乱入したらしい。直井が野球部員を使って生徒会チームを結成しようと言ってきた。ちょっと卑怯だけど、彼と話する機会が出来るかもしれないから乗っておこう。→警告したら野球バカに反論された。あなたに用はない。→決勝戦でやっと彼のチームとあたった。また野球バカが挑発してきた。だからあなたに用はない。→意外と強い。負けたら野球バカがなんか言ってくるだけで彼と話が出来ない。絶対勝たなきゃ。ピッチャー交代よ。→ウザピンクの予想外の行動で勝てたけど、彼と話は出来なかった。て言うか何で野球バカに駆け寄るの?アレなの?ムカツク。
5話:試験会場で彼と一緒になれた。今日は話せるかもしれない。→SSSとつるんでるメガネが前の席になった。あやしい。→彼が教室飛び出そうとしてる。よし、話しかけよう。どこ行くの?テスト始まるわよ→名前は音無。かなで、覚えた。音無君も名前きいてきた。下の名前まで訊いてきたのに、答えたらさっさとSSSのところに行っちゃった。しくじった。→野球バカが吹っ飛んだ。ナニアレ。→ゆりが何か叫んだ。これを口実に近づこう。あ、音無くんの方から来た。野球バカが0点とか言ってる。そんなことはどうでもいい。あ、話し終わっちゃった、またしくじった。→今度は筋肉メガネが吹っ飛んだ。ナニアレ。→またゆりが叫んだ。今度こそ失敗しないぞ。あ、また音無君が来た。野球バカはハーモニクス使いらしい。あれバグ持ちで危険なのに。お気の毒に。→ショタがいきなり告ってきた。こんな時に場所も選ばずごめんなさいだって。じゃあ時と場所を選んで。でもちょっと嬉しい。恥ずかしいから振り向かないでおこう。…、また野球バカが飛んだ。何なの。→SSSの人達毎回吹っ飛んでる。音無君大丈夫かな?→テストが全科目0点だった。ふざけた答え書くなと怒られた。筆跡が違う。はめられた。きっとSSSの仕業だ。でも先生に言ったら音無君まで怒られちゃう。…ここは私が罪をかぶろう。→職員室出たら音無君が話しかけてきた。誰の所為でこうなったと思ってるの。ムカツク。→生徒会長解任された。音無君の前で大恥かいた。→よし、ささやかな復讐をしてやろう。あいつらがライブやってるまっただ中で麻婆豆腐食ってやる。きゃー何この超嫌がらせ。→あ、食券奪われた…。
6話:音無君が話しかけてきた。あれだけの事をしておいて何この人。でも恩人だから文句言えない。…麻婆豆腐おごる?おk。→音無君ウザい、食べてるんだから話しかけてこないで。…美味いわ。→直井にばれた。連れてかれる。さっさとかき込もう。→音無君と独房に放り込まれた。話をするいい機会だ。でも食べた後だから眠い。時間はたっぷりあるから寝よう。→音無君がビービー騒いでる。うるさい。→音無君が仲間を助けてくれと言ってきた。おかしな事を言うのね。うるさいから対処する事にした。→仲間になれたかもしれないとか言ってる。今更何言ってるんだか。ちょっと釘差しておこう。→遊びで作ったバージョン4が役に立った。音無君意外と頭いい。→外で直井が暴れてた。どうやって出たって、扉壊したに決まってるじゃない。命令してきてウザいから反抗しよう。→あ、直井がゆり成仏させようとしてる。ちょっと静観しよう。→音無君が突っ込んだ。直井抱きしめて慟哭してる。ナニソレ。ムカツク。
7話:畑の手入れでもして気分を鎮めよう。→音無君が釣りに誘ってきた。川は危ないのに。ほんとに危ないのに。→無理矢理連れてこられてしまった。SSSの人達嫌がってる。私も嫌だ。…え、ゆりが許可した?どういうつもり?→いい機会だから釣り竿で鬱憤晴らししてやろう。わー、メガネ良く飛ぶー。オーバードライブはパッシヴだから。→でかいのがかかった。SSSの人達が後ろにとりついてウザい。私一人の方が楽なのに。面倒だからまるごと上に飛ばそう。→みんなが魚に食べられそう。助けなきゃ。なんて世話の焼ける。いい加減にしろ→分裂してすっきりした。みんなとお料理しよう。音無君が馴れ馴れしい。お前の名前綺麗とか言ってる。キモイ。あなたがそうしたければどうぞお好きに。→ゆりが怪我だらけで戻って来た。どうしたんだろう?→分裂したの忘れてた。ゆりマジごめん。
8話:(赤目視点)いつも私をいじめるSSSを懲らしめてやろう。数は力だからいっぱい分裂しておく。とりあえずゆりボコった。いい気味。→逃げたゆりを追ってきたらSSSの連中がいた。みんなで夜遊び、ならお仕置きね♪→オリジナルが相打ちしかけてきた。ちょ、誰の為にやってると思ってるの。→SSSマジ許せない。オリジナルを囮に迎撃戦を仕掛けよう。→エセイングリッシュに情報吹き込んだらあっさり引っかかってくれた。まずはハルバード撃退。…あ、残りに逃げられた。次ヨロシク。→なんかでかいのが突進して押し倒してきた。うわ、何この人、汗くさっ、キモッ。あ、他の連中が逃げた。次ヨロシク。→みんな体当たりしてくるようになった。もっと数用意しておけば良かった。→爆心地に音無君とゆりの侵入を許してしまった。新技使おう。ハウリング!…え、効かない?耳栓?ふざけんな。→ハーモニクス発動!やったね!プログラムの書き換えをしたようね。自動でアブソーブするなんて好都合。音無君超動揺してる。ゆりなんかに色目使うからよ。いい気味。時間ね(ニヤリ)
9話:みんなで話し合った結果、音無君を懐柔する事になりました。壮絶な戦いだった(笑)→音無君はあっさり懐柔されてくれました。あまりにも無知だったのでささやかに馬鹿にしてあげました。音無君は気づいていませんでした。凶暴なフリしてSSS騙そうとまで提案してきました。汚いな音無汚い。でも直井は使えるから利用すればいいのに。
10話:音無君がユイから消そうといってきました。誰?あああのウザピンクの事ね。→お前のギターのせいで音が死んでいるといったら褒められました。嬉しい。→音無君の作戦通りギターを奪ってきたのに、怒られました。てめえの作戦が穴だらけなのがいけねえんだろうが。むかついたので2回目はギター思い切り高く放り投げてやりました。→音無君の見通しが甘かった所為で、ユイなかなか成仏しません。いかさまでサッカー5人抜きとか、本当に呆れてものが言えません。
11話:影が出たとかでゆりっぺさんに呼び出されました。私が会長なのに何でこんなに偉そうなのこの人? あと馬鹿な振りするのも疲れる。てか直井、フォローするのはいいけど無茶苦茶言い過ぎ。後でコロス。→影が大量出現したので、SSSと共同戦線張りました。もう隠す必要無いでしょ。→ゆりにばれました。もう完全に手下扱いです。ていうか音無君よりゆりの方が私の事理解してるってどうなの。つきあいは確かに長いけど。→ゆりがかなでちゃんと呼んでくれました。嬉しいけど、やっぱり唐突です。…別にいいけど。いいけど。
12話:みんなの為に影と戦ってます。あと少しで終わりだから…。→ゆりのピンチを感じたので地下に助けに行きました。もう、単独行動するなっつーの。最後の最後まで迷惑な子だなー。
13話:ゆりが目覚めたので卒業式です。るんるん♪やっと終わる。→麻婆豆腐の歌怒られた。でもめげない。あと少しで終わる。→みんな消えちゃった。後は私が音無君にお礼言って消えるだけ…。外に出る?まあいいか。→は? 一緒に残ろう? 何言いだしちゃってんのこの人。→心臓ありがとうって伝えたのに、音無君まだわめいてる…。こんな残念な人だったなんて…。→私が消えてこの人を送り出す事が私の最後の仕事なんだ…→命をくれて、ありがとう…。
…あー、かなり創作入れて、ようやくまとめられた。奏ってこんなに難しいキャラだったんだなー。ていうか、作品肯定になったのか、コレ…? まあいいか。
 あ、そういえば奏って奏じゃなくてひらがなみっつでかなでと卒業証書に表記されていたらしいですが、画質が悪くて自分は確認できませんでした。アナログ放送の限界を痛感しました。
 とりあえず、これだけは言っておきたい。麻枝准はアニメ脚本初めてだから、脚本の出来が悪いのは仕方がない。でもそんなのは最初からわかってたはずだから、これだけの素材を今回投入したのは勿体なかった。
 個人的には、鍵っ子はたぶん買うであろう「まじかるさゆりん」をまず作らせて、アニメという媒体に慣れさせてから、AngelBeats!に取りかからせて欲しかった。賞味期限切れ寸前(というよりもう切れてる)だし、そもそもAngelBeatsをもう作っちゃったから、これは叶わない夢なのだけど。
 で、出来上がったAngelBeatsそのものの結論を言うと。「傑作とは言えないが駄作でもない、奇作とも言うべき存在」ってとこかな。要は人を選ぶってこと。これは商業的にはすごく危険な賭けな気がするけど…でもすごく話題にはなってるから、そこからセールスに繋げていくつもりなのかなあ。こればっかりは、実際の数字を見るまでわからない。
 さて。俺ももうそろそろ、Keyからは卒業しよう。…ん、何か届いてる。クドわふたー…? あああああぁぁぁぁぁぁーーーーー!!!!!
 すみません、まだKeyからは卒業できそうにありません。

Angel Beats! 7(通常版)(DVD) ◆20%OFF!
ぐるぐる王国 楽天市場店
■発売日:2010/12/22 2010/11/13まで初回分予約受付中!★ 詳しい納期他、ご注文時


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




AngelBeats!第12話感想


 葉鍵最萌、天使無事1回戦勝ち上がり。票数にして35票だから、あまり嬉しい勝利ではないけど。
 それはいいとして、今日はくそ眠い。AngelBeatsの放送がなかったら集計すら放棄してさっさと寝てるところだった。でもとりあえず感想書かなきゃ。…いや、全然義務じゃないのはわかってるんだけど。
 …で、今3回目の見返ししてるところだけど。今回のこれ、まず咀嚼するだけで大変だよ。
 とりあえず、ゆりはメインヒロインじゃなくてエロ要員だという事だけは理解できた。どうりで扱いが低かったわけだ…。
 とはいえ、今回の話は一応、ゆりの心境の変化を綴ったもの。で、合ってるかな? なんだけど、それが今回1話(というよりも後半半分)でものすごい勢いで起伏を繰り返していて、これが話を飲み込むのに凄い障害になっている気がします。本来なら2~3話くらいに分けてやるべき展開を約15分に凝縮しちゃってるから、まるでゆりが人格破綻者であるかのようにすら見えてしまいます。
 …いや、実際ゆりってちょっと、人格破綻者っぽかったですけどね。今までも。
 あと、次回予告で音無君が卒業式の答辞っぽい事言ってたけど、これってやっぱり「みんなで卒業式で最終回」ってことですかね。だったら今回、ひさ子関根入江チャーを消す事無かった気がするんだけど…。あーでも、EDで、既に消滅したはずの岩沢とユイが出てたから、まだなにかあるのかも。…いや、これは単に「みんな無事人間に転生して再開しますよ」という暗示なだけかなあ。そいつは…最高に無難で容易に予想の付く展開だな。
 それとも、メンバー全員消した上で音無一人で「卒業式」ってのもありうるかなあ。でもそれだったら、今回でゆり消すよなあ。う~ん。
 あー、後まだ奏に関する伏線が全然回収されてないな。でもそれを、最終回でやるのかなあ…? やったらやったでまたぎっしり詰め込みな内容になるだろうし、やらなかったらやらなかったで当然疑問と不満が残るだろうし。
 う~ん、これはどっちにしろ、最終回放送終了後、大暴動になりそうな気がするなあ。…いやもう既に、ツイッターも葉鍵板も「市民は反乱を起こそうとしています」状態になってるけど。
 まあ、自分は一応、最終回まで見よう。その上で、来週はちょっと時間をかけて、1話から見直した上で感想書いてみようかな。
 とにかく、今日はもう眠いわ。いつも朝の7時ぐらいまでリピート視聴してたけど、今日はこれ書き終わったらさっさと寝よう。

Angel Beats! 6(完全生産限定版)(DVD) ◆20%OFF!
ぐるぐる王国 楽天市場店
■発売日:2010/11/24 2010/10/13まで初回分予約受付中!★ 詳しい納期他、ご注文時


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




AngelBeats!第11話感想


 10話の評価を巡って鍵っ子は分裂状態の様です。麻枝准自身が雑誌で「10話の展開には無理がある」と認めてしまっていたらしくて。
 …まあ、この辺のことは、全話見終わってから改めて考えてみることにしようかな。
 さて。今回の感想。…うーん、とりあえず「次回待ち」かなあ。でも、次回実質最終回みたいだし。それでこの展開って、やっぱ詰め込みすぎだなあ。
 いわば今回は、閉店前設定在庫一掃セェル(TK風に)、ってとこですかね。
 とりあえず、音無くんのやってることは周りにバレバレだったという事らしい。…まあ、3日もユイと二人で野球やってりゃ、そりゃおかしいと思うよね。
 しかし、何故ゆりは音無達をすぐに粛清しようとしなかったのか。たまたま「影」が現れて、状況が変化したから音無達の意見をみんなの前で述べさせる機会が出来たわけだけど、たぶんゆり自身は影が出現する前から音無の行動に気づいていたはずで。(遊佐は音無達を監視していたと考えられる。)だとすれば、ゆり自身も、以前から迷いというか音無と同じ考えを心の中に秘めさせていた可能性がありますね。
 あと、EDの戦線メンバーの覚悟を決めたかのような行動の演出、あれはなかなか良かった。アナログで画質悪いから、竹山の日記は全部解読できなかったけど。でも、たぶん深い意味は無さそう。
 ま、なんにしろ「ここまで来たからには最終回を楽しみにしよう」ってとこですかね。
 …今日のところはこれくらいかなあ。こんだけの事書くのに、1時間もかかっちまった。何回も見直しながら書いてたからなあ。つまりは、見直すだけの価値のある作品ではあるということか。本当につまんないアニメなら、見直す気なんて到底起きないしね。

Angel Beats! 5 【完全生産限定版】 【DVD】
HMV 楽天市場ストア
商品の詳細ジャンルアニメフォーマットDVDレーベルアニプレックス発売日2010年10月27日お届けは


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




#AngelBeats!第10話感想


 AngelBeatsとは直接全然関係ないんだけど、前回9話放送から一週間で日本国の首相が交代してしまうという、アニメもビックリの超展開がありましたねえ。
 で、ふと思ったのです。「音無と鳩山前首相って、なんか似てるな」、と。
 具体的にどこが似てるかというと、「理想主義者のくせしてその場の状況に流されてフラフラフラフラと立場を変える」ってとこが。
 音無が理想主義者であることは、前回9話の行動でだいたいわかります。なのですが、その行動には、はっきり言って芯がありません。まるでコウモリのように、ゆりと奏の間を行き来しているように見えます。当初は状況がよくわからなかったから仕方ない面もあるのですが、直井の催眠術で記憶(の一部)を取り返して、いったんはSSSのメンバーでい続ける(この世界に残り続ける)事を選んだにも関わらず、その後奏の話を聞いたら、あっさりとそっち側に立場を変えてしまう。
 正直、良い悪いは置いといても、あんまり共感は出来ないですね…。
 率直に言えば、もっと両者の考え方の狭間に立って苦悩する姿とかを、きちんと描いて欲しかったです。尺が足りない、って言われるかもしれないけど、ぶっちゃけ8話丸ごと削ってそういうの描いても良かったんじゃないかと。
 結局、分裂天使吸収した後「壮絶な戦いだったわ」の一言でオチを付けてしまってるわけで、だったら8話丸ごといらねえじゃん、その分音無の心理的葛藤を描けるじゃん。と、思うわけです。
 …と、つい9話までの話でつい長語りしてしまった。いよいよ、麻枝准言うところの「ここからが本気の」10話。ということで、軽く頭痛がするの我慢して見るの楽しみにしていたのですが。
 …正直な話、拍子抜けです。
 まず、話がなんか安っぽいなあと。後半はKeyらしさを打ち出していくという話だったはずだけど。Keyらしさって、こんなんだったっけ? と。
 なんか、韓流3流ドラマを見たような、そんな気分です。これだったら、まだ9話のトンネル話の方がマシかなあと。まあ、Kanonの真琴シナリオをちょっと思い出す話ではありましたが、むしろあれの劣化版みたいな印象を受けました。
 まあ、日向とユイの絡みがこういう流れへの伏線だったのね、という事は理解できましたが。そういうことなら、今回の話はもっと日向とユイの心の交流みたいな、そういうものをもっときちんと描いて欲しかった。て言うか、そういうのがきちんと描かれていたのが、今までの「Keyらしさ」だったと思う。
 …ま、ユイが、このまま消えて終わりとは思ってませんけどね。ガルデモのライブ(全部で4回あると言われている)がまだ1回残っているし。たぶん出番はあるはず…。
 もう一点の不満は、関根入江の初ゼリフが、ただのバンド仲間同士の会話だったこと。10話まで台詞無しで引っ張ってきたの、なんの意味もなかったんだと。
 ん、まあ、勝手に期待したこっちが悪いんですよね。そうですね。
 あと、ギャグは、今回は、まあまあ面白かったかな。挑戦状の漢字に全部ルビふってあるところとか。
 うん、今回はこれ以上語ることはないかな。一応新展開があるみたいなので、次回には期待。
 …って、その大事な引きの部分を、また録画編集誤って消しちまった…。あー、BS11の放送を待つしかないか…。

【20%OFF!】Angel Beats! (4) 【通常版】(DVD) 【発売日お届け!2010年9月22日発売】
ハピネット・オンライン
■発売日:2010年9月22日■2010年8月17日 まで 【発売日お届けにて 予約受付中!】※【発


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




Angel Beats!第9話感想


 Key10thBOXアンケート結果によると、リトルバスターズ!の人気ヒロイン(ヒロインなのでもちろん恭介は除く)は沙耶・クド・佳奈多の順なのですが、これをAngelBeatsのヒロインの当てはめると、ゆり=沙耶・ユイ=クド・奏=佳奈多ってな感じで結構当てはまってるような気がして(まあ、ユイ=クドはちょっと無理がありますが)、こういうところで麻枝は密かにユーザーの声を気にして反映してるんかなあ、とか。
 で、麻枝自身は、ゆりが一番好きと明言してるわけですが、ちょっと今まで智アフ・リトバス沙耶シナリオと自分の好きなキャラを身びいきしすぎたので、今回は敢えて自分の好きなヒロインを悪役に仕立てて、代わりに奏を引き立ててるのかなあ、とか。深読み。
 ところで、そのゆりですが。なんか、さすがにネット上でのゆり叩きがあまりにも酷いと自分は感じたので、擁護する意味でも「ゆりの孤独性」について別途考察を書こうと思ったのですが、しかし「Brave Song」の歌詞聴いてりゃそんなのまともな思考持った人間なら解るよな、ということに気づき、とりあえず9話見てから決めようと思ったら、9話初っぱなでゆり自身が自己批判しちゃってて、なんかもうそんなだったら意味ねえやとなんだか無駄に虚脱感。
 て言うか、同じ孤独さを抱えたゆりと奏が最終的に手を結んで戦線と対決、という超展開とか勝手に予想、というか期待していたのですが、何か普通に結弦と奏が手を結ぶ展開になって正直がっかりです。
 でもって、9話の尺の殆どは臓器提供意思表示を呼びかける為の公共広告展開。まあそんなアニメもありっちゃ有りですけどね。でも内容的にはこれって結局リトバス…。いやもう言うのはよそう。
 ちなみに自分の国保保険証(愛知県瀬戸市)を確認したら、臓器提供意思表示はそれ用のシール貼る仕様になってました。作中でマル付ける仕様になってるのは、協会けんぽ(たぶん麻枝が加入してるのはここ)の保険証がそうなってるからなのかな?
 まあその辺はどうでもいいんだけど、ただ、結弦は死んだ妹の代わりに人を救いたいと医者を目指していたわけで、その妹がドナー待ちだった事知ってたくせに、今まで臓器提供の意思表示してなかったのかよ、と。
 まあ、こんなところに突っ込むのは野暮なのかもしれませんけど。
 でもって、奏の目的は、みんなに幸せな記憶を持って旅だって欲しい、という事でしたと。そんなところだろうとは思っていましたが。
 現時点で尚麻枝准最高傑作であるところのAIRのラストの台詞に「せめて最後には、幸せな記憶を」というのがありますが、たぶんこれが麻枝准の人生観というか死生観そのものであって、それを今回は奏の思考に反映させているってことなんでしょうね。
 で、次回以降その思想に従って、SSSのメンバーを順次消し去っていくお仕事に入っていくと、そういうことらしいです。あー、何か巷で言われていた「ラスボスはゆり」説がどんどん信憑性を増してきて、なんかつまらんなあ。
 て言うか、TwitterのAngelBeatsハッシュタグ見てても、何か勢いが落ちてきてるし。うーん、所詮この程度だったか…。AngelBeatsに全然期待していなかった去年の自分が結局正しかった、なんてことになるのかなあ。駄作とは言わないけど、傑作とはちょっと言いがたい感じです。今のところ。いやもう、たぶんもう覆らないと思うけど。
 ということで。次回はユイ回らしいです。残り4話、13話はおまけらしいので実質残り3話。さて、そこまでどれだけの視聴者が最後まで残ってることやら…。

【20%OFF!】Angel Beats! (4) 【通常版】(DVD) 【発売日お届け!2010年9月22日発売】
ハピネット・オンライン
■発売日:2010年9月22日■2010年8月17日 まで 【発売日お届けにて 予約受付中!】※【発


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




Angel Beats!第8話感想


 なんか、PS3の今週のトロステーションでAngelBeatsの情報が流されたらしいですが、自分はトロはおろかPS3も持ってないので、巷の噂程度でしかその情報は知り得ません。が、その中で麻枝准が久弥直樹についてまた言及していたとか。
 麻枝はきっと久弥に戻って欲しくて仕方ないんだろうな、と勝手に推測しています。身も心もボロボロの麻枝を、どうか救ってあげて久弥…!
 さて、8話の感想。ぶっちゃけ、話としては大したことなかったのでネタバレしちゃうと、分裂した天使の片割れを救出しに2話で爆破したギルドに再降下する、という内容。
 う~ん、こんな内容でも24分消費しちゃうんもんなんだなあ、と、逆に感心。
 とりあえず気になった点としては、「遊佐、何しとる?」。
 ギルド降下直前に入り口のところに遊佐が突っ立っているのですが、一言も発しないし、降下作戦にも参加しない。
 て言うかガルデモメンバーも、ユイ以外参加してないし。ま、ガルデモは元々陽動部隊だから戦闘行動には参加しないのが当たり前でむしろユイが参加してる事のほうが不自然と考えるべきなのでしょうが。
 ただ、ガルデモメンバーである関根と入江が、1話からここまで、全く台詞がないんですよね。OPにもEDにも出て来る主要メンバーであるはずの二人が全く台詞無しって、これってなんか却って伏線ぽい匂いがします。
 終盤、というか早ければ次回辺りで、この二人(あるいは+遊佐)が、なにか話の展開に重要な要素になってきそうな予感がします。例えば、実はこの子らは天使側のスパイだった…とか。まあこれはベタすぎるか。
 なんにしろ、ここまで来て関根と入江のポジションを生かさなかったら、さすがに「麻枝さん何やってんっすか」って話になりますね。まあそういう話は、最終回を見るまでするべきではないんでしょうけど。
 それと一応もう一点気になったのは、「天使マニュアル」が英語だった事。単に「ゆり英語も出来るよ、頭いいよ」という事を強調する為の小道具なだけかも知れませんが。登場人物全員日本人で天使の名前も和名なのに、マニュアルだけ英語ってところに、引っかかりを感じます。天使と他の人物はやっぱり違う存在だよ、という事を臭わせているのかなあ、と。
 あとこれはどうでもいい事なのですが、ゆり、竹山クライストの助け全く無しにプログラム改変できるんだね。
 まあ、マニュアルもあるし、そんなに難しいレベルではなかったという事なのかもしれませんが。でもプログラム解析するんだったら、「クライストと二人がかりでやった方が効率的」と考えると思うんだけど、何故そうしなかったのか。て言うか今回、クライスト出てきてないし。うーん。ま、たぶん深い意味は無いと思うけど。
 さて。来週にはいよいよ「My song,your soul」が届くぞー。でも同日にAKB48の50万本出荷が控えてるらしいから、オリコン1位は無理だろうなあ。くそう、何がAKB48だ。3次元のくせにオタ文化に入り込んでくんじゃねえよks。とか言ったら、「オタ文化のくせにオリコン狙ってんじゃねーよ」とか言われそうだが。
 と、今日はここまで。そろそろ、「俺達の限界」って奴が見えてきたかもしれない…。

My Soul,Your Beats!/Brave Song(初回限定CD+DVD)
楽天ブックス
Lia(Lia)/多田葵(TADA AOI)※5/21(金)以降のご注文につきましては、6/2(水)


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


【送料無料選択可!】Angel Beats! 3 [CD付完全限定生産] / アニメ
CD&DVD NEOWING
コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>「AIR」「CLANN


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る