暮らし応援! 共産党の経済政策



8%の轍は踏まない。消費税10%は中止

安倍政権が行った2014年4月の消費税8%増税で、家計消費が41か月中37か月マイナス。自民党支持者ですらUPは勘弁という声も多い消費税増税、中止は当然ですね。


社会保険料を公平に

給料から天引きされて手取りを減らしてしまう税金。でもみんなが税金と思ってるもののほとんどは、正確には社会保険料。社会保険財政が厳しいからいっぱい取られてるのです。
でも今の仕組みだと収入が安定している人ほど負担が少ない。これを払える人に払って貰うようにすれば、時間はかかるけど社会保険財政が安定して、保険料を下げられるのです。


社会保障給付は削減よりも増額が効果的?

近年、若年世代の社会保障費が増えている。でも若年世代は適切な支援をすればそのうち就職して納税世帯にまわることがわかっているのです。
でもそうなるまでの間は、支援が必要。就活にはスーツがいるし、スーツは高い。スーツも変えない社会保障じゃ、そこから抜け出すなと言ってるようなもの。思い切ってたくさん支援して、早くそこから抜け出すようにした方が、トータルで財政負担も減るのです。


医療現場を建て直せ

医師や看護師の勤務はとっても大変。過労死も発生するほどなんですね…。でも、医師も看護師も免許を持ってるけど働いてない人は結構いるのです。定員や勤務条件が合わないのですね。とにかくまず定員を増やしましょう。
患者側も、国保料や診察代を軽減する方法を考えます。


介護も建て直せ

知ってましたか? 10年前は介護は成長産業と言われていたんです。今、誰もそんなこと言いませんね。要介護度が低いと介護サービスを受けられない人が多いですし、介護現場はキツくて給料が安いです。介護は介護保険というところから介護報酬が出ていて、施設費もお賃金もここから出ています。これを引き上げましょう。


教育の無償化は先進国なら当然

日本の教育支出は低い! これでは育つ子供も育ちません。義務教育の小中学校でも、保護者がお金を負担しないといけないのです。全額無償化しましょう。高校授業料も無償化、大学は当分半額にし、給付制奨学金と貸与制奨学金をもっと広げます。


もう日本死ねとは言わせない

人手不足でも働けない、保育園待機児問題。さすがの自民党も無策ではありませんが、しかし打った対策の効果は薄いです。抜本解決にはやはり正規保育所の増設と保育士増員が必要。民間丸投げでは無く、国が責任を持って保育所も保育士さんのお賃金も充実させます。


財源が心配? 不労所得に課税すればへーきへーき

1億円を超える年収は株や不動産などの、給料じゃ無い所得がほとんど。でも今の税制では年収1億円を超えると何故か税率が下がってるのですね。不労所得に応分の課税をしましょう。きっちり再配分すれば、経済もちゃんとまわって、税収も増えます。


}N~֓o^

コメントを残す