清涼飲料水」カテゴリーアーカイブ

なつやすみなのでヨーグルトを作ってみました


 ごめんなさい、夏休みだからと言うわけでは無く、春先からずっと作ってます。
 
 元々は、PCの廃熱を有効利用出来ないかという所から、「じゃあそれでヨーグルト作ればいいんじゃね?」という所から始めたものなのです。
 
 但し、価格的には、わざわざ自作するよりスーパーで牛乳の隣に置いてあるドリンクタイプのヨーグルト買ってきた方が、格段に安い。ただのヨーグルトなら。
 そこで、ただのヨーグルトではないものを、種に使ってみました。
 
 使ったのは以下の3種類。
 
・明治 R-1
・明治 LG-21
・雪印 ガセリ菌SP
 
 で、結論から言うと。意外とうまく行きます。しかも種によってちゃんと出来が違う。
 一番うまく行くのが、LG-21。「ヨーグルトにならない」なんてことはまず無い。むしろ、菌が繁殖しすぎて放置しとくとドロドロになってしまう(※食べるタイプのを作るならそれでいいんだけど、自分が欲しいのは飲むタイプなので)。
 ついでうまく行くのが、R-1。これは、LG-21に比べると繁殖力が弱いのか、温度によってはかなり時間がかかることがある。ただ、その分多少放置しといても問題無いので、ある意味作りやすいとも言える。
 手こずったのはガセリ菌。というか、これに関しては正直、本当にガセリ菌SP株が繁殖しているのか疑わしいところ。…いや、それを言ったら、他のだって顕微鏡とかで確かめたわけじゃ無いから、繁殖してるのは他の菌という保証は無いのだけれど。
 
 
 で、用意するもの。
 まずは、上記に挙げた機能性ヨーグルトの種。これは固形タイプでもドリンクタイプでも、どちらでも良い。だいたい120円くらいだ。
 次に、牛乳。スーパーで売ってる一番安い無脂肪調整乳で良い。80~90円くらい。
 そして、砂糖。これは、今回自宅にあったのが黒糖ザラメだったので、全てそれを使用した。おそらくは普通の白い砂糖でも良い。今回分量は、小さじ15杯で統一している。40円くらいかね?
 材料代としては、250円前後といったところか。前述のように、普通のヨーグルトならスーパーで買ってきた方が安い。
 
 これらを全部、牛乳パックの中で混ぜる。多分溢れるので、その分の牛乳はあらかじめ飲むなり取り分けるなりしておく。コップ半分ぐらいで良い。
 ぶち込んだあと混ぜるわけだが、この時開け口はしっかり指で押さえておかないと、当然こぼれる。逆にしっかり押さえていれば、ひっくり返しても簡単にこぼれたりはしない。砂糖が底に溜まっていると底の部分でしか菌が繁殖しないので、上下にひっくり返したりしてよく混ぜる。
 
 そしてこれを、パソコンの排気口の後ろに置く。
 
JS17E7
 
 牛乳が森永だが、別にわざとでは無い。安かったから、たまたまだ。
 
 
 おおむね、7~8時間ぐらいで出来る。
 
 結果一覧は、こちら。但し春先とかは記録取っていないので、7月
後半分から。
 データもおおざっぱだが、別にネイチャーに掲載したり理研の研究員と戦ったりするわけでは無いので、これぐらいでいいだろう。
日付 時間 種類 温度 環境 状態
7/25 13:30-20:33(7h) R-1(固形) 28℃ エアコン 良好
7/30 15:00-23:07(8h) R-1(固形) 31℃ 外気導入 少し固まりすぎ
8/4 7:12-19:20(12h) R-1(固形) 29.5℃ エアコン 失敗{混ぜが足りなかった?}
8/5  14:00-22:00(8h)  LG-21(固形)  前半36℃
後半26℃
前半外気
後半エアコン
良好、丁度良い 
8/7  14:56-23:00(8h)  LG-21(固形)  前半34℃
後半29℃
前半外気
後半エアコン
良好、丁度良い 
8/11 15:00-23:00(8h) ガゼリ菌(固形) 28.5℃ エアコン 失敗
8/14  14:16-22:33(8h) ガゼリ菌(液体) 28.5℃ エアコン 固まってない
追加 22:33-4:35(6h)(合計14h)       やややり過ぎ 
8/14  14:16-22:33(8h) LG-21(固形) 28.5℃ エアコン 固まってない
追加 22:33-4:35(6h)(合計14h)       固まりすぎ 
 
 ほんとはもっとたくさんデータを取りたかったんだけどね。飲みきれないからさ!
 
 
 ということで。
 夏休みの自由研究のテーマがまだ決まらない小中学生は、こういうのをやってみての良いのでは無いでしょうか。1日で出来るし。
 出来たヨーグルトはお父さんに飲ませましょう。
 
 
 


たんたん・し~くわ~たん


いつものように牧港のコープに行ったら、冷蔵ワゴンにこんなものを発見。
し~くわ~たん・たんたん
 これは大発見だ!と思い、迷わず購入。
 家に帰って念のためググってみたら、どうやら8月後半にはコンビニで売られていたものらしい。今10月。新ニュースだと思ったのに、がっくり。というか、もう既に10月になっていることにさらにがっくり。
 ちなみに、値段は99円の特売扱いだった。コンビニで売れなかったから、余剰生産分がコープの流通網に流れてきた、という事なのだろうか。
 とりあえず、味がなんか薄い。99円の果汁1%品だから、当たり前っちゃあ当たり前なんだが。自分としては、勝手に絵柄からもっと濃い味を期待していただけに、がっくり。
 いや、これは完全に個人の主観なのだけれども。こういう萌え系のものを買い求める人たちって、実際の味にもそれなりのものを期待するんじゃないかなあ。少なくとも、99円でペイしてしまうレベルのものは求めてないんじゃないかと。
 あの有名な秋田県羽後町の「あきたこまち」(昨年9/18の記事参照)の件でも、中身は上質のお米を使っていたからこそ支持が広がって次の企画にも繋がっていったわけだし。ただ可愛い絵を使うだけじゃあ、だめだと思うんだよね。
 と、ちょっと辛口のコメントをしてみた。別にこき下ろしたいわけではないので、その辺は誤解無きよう。
 とりあえず、次回は沖縄特産として県外に打って出られるレベルのものを作ってくだされ。
-----