芸術」カテゴリーアーカイブ

文化も結局カネなんですよ


 どっちのblogでUPするか迷ったけど、一応内容が評論系なので、本拠地blogの方にUPする。

 keyオケ大阪公演申し込んだんだけどね。なんか、SもAもBも余裕で取れますって感じですわ。

 けもフレオーケストラの大阪公演もそうだった、というか、直前まで赤字レベルの予約状況で当日券販売でようやく席を埋めた有様だったからね。大阪だとオタク系オーケストラ(この系のコンサートなんて呼称するのか知らないけど)、人集まりにくいのかな。

 ところで、keyでもけもフレでも、「東京」の次は「大阪」なのよね。まあ、keyは正確には川崎と豊中だけど。まあ経済圏という意味では東京と大阪。どっちにしても、名古屋じゃ無い。名古屋飛ばし。あの26年前の新幹線のぞみ名古屋駅通過事件で有名な、名古屋飛ばし
 この名古屋飛ばしも、話題になったのはのぞみ号名古屋駅通過だったけど、実際には早朝の一本が通過するだけで特に実害はなかったし、むしろ深刻だったのはコンサート系の”名古屋飛ばし”が酷い、って話だったらしいのね。自分コンサートとか全然感心無かったから、ふーん別にいいんじゃね? って当時は思ってたけど。
 こうして我が身に関係あることになってくると、ああまだ名古屋飛ばしは残ってるんだなあ、と。

 けどね。あれから26年経ってるわけですよ。なんでまだ名古屋飛ばし、というか、「東京の次は大阪」というロジックが残っちゃってんのかね?

 特にオーケストラコンサートって、お値段高いのよね。今回のkeyオケでも8,000~9,000円するわけで、よほどのガチ勢か、それなりに所得がある人で無いと、行けないよね。

 県民所得が高い順に行くのが、辺り麻枝よなあ?

 で、その県民所得だけど。2017年の厚労省のデータを集計したWebページがあったので、これ見るとわかりやすい。

都道府県別年収ランキング|年収ガイド
https://www.nenshuu.net/prefecture/pre/index_prefecture.php#Qrt2HOI.twitter_tweet_count_no_m

ランキング上6位まで要約引用すると、
1位 東京都  約616万
2位 愛知県  約540万
3位 神奈川県 約532万
4位 大阪府  約528万
5位 京都府  約499万
6位 三重県  約491万

 何で6位まで引用したかというと、この6つで「東京圏」「中京圏」「関西圏」が丁度2つづつ入るのですよ。ちなみに7位と8位は茨城と広島。ほほーう、だけどそれは今は置いといて。

 この年収ランキングでAクラス入りしているのは、東京圏2・中京圏1、で、関西圏は2つともBクラスなのですよ。そして、愛知県は神奈川県を上回って2位に付けてるのです。人口は神奈川より少ないけど、平気年収は上回っているのです。

 ちなみに念のため補足しておくけど、名古屋は愛知県です。川崎は神奈川県です。
 

 さて、話を戻しましょう。オーケストラコンサートみたいなお金のかかるイベントは所得の高い層しか行けない、だから平均所得の高い地域でやるのが当たり前。ここまではいいですね?

 で、その平均所得(年収)が高いのは、東京の次は、名古屋なのですよ。
 データは愛知県だから勿論名古屋市だけじゃ無くて豊田近辺や知多半島も含むけど。まあ、コンサートやるのは名古屋市内か、せいぜい瀬戸市文化センターだから。

 で。なんで、平均所得の高い名古屋すっ飛ばして、大阪で値の張るコンサートイベントやるのですか?

 周辺地域からの客も見込んで、という人がいると思うけど、そういう人を見込んで6位までのランキングを引用したのですよ。中京圏は、三重県含みますから。あとついでに言うと、浜松も米原も新快速一本で名古屋行けますから。京都ですら、京都市内や宇治市内からなら名古屋日帰りできますから。
 たとえ会場が名古屋市外でも、宇治間に合いますから

 でね。京都名古屋間は日帰りできるけど、大阪名古屋間は、これ意外と厳しいんですよ。今回のkeyオケは会場が豊中市で終演も18時頃だから、日帰りできますけど。大阪市内で終演21時だと、基本無理なんですよ。名古屋駅の近くに住んでない限り。だから、けもフレ大阪オケも行かなかったんですよ私。
 関係ない話だけど、コミトレ(インテックス大阪)も、日帰りかなりキツいんですよ。堺だと無理です。

 ここで何が言いたいかというと、別に名古屋でやっても中京圏から静岡や東近畿の客層まで取り込めるから、採算性は大阪より高いはずだ、って事なんです。ちなみに滋賀や静岡もそこそこ平均所得高いんですね。…滋賀県年収高いのか。そうか。

 でね。それでも大阪で捌けるから別にいいんだ! てんなら、まあしょうがないかってなるんですけどね。現実問題、けもフレもkeyも、大阪捌けて無いじゃないデスカ。まあ、keyは大阪が本拠だから、大阪でやらないわけにはいかないって特殊事情はあるんだろうけど。
 他ブランドのこの手のコンサートは、どうなんだろ? そもそも東京でしかやってないケースが多いみたいだし、話にならんか…。

 ちなみに、けもフレのイベントっていうと、吉崎観音コンセプトデザイン展てのをパルコと組んでやってますけどね。こっちは、順番が「東京」「広島」「名古屋」「札幌」の順なんですよ。札幌はかなり強い要望があって実現したらしいので採算度外視な気がするけど、なんで東京の次が広島名古屋なんだろう、という疑問はあったのですね。でも、上記の平均所得ランキング見て得心しました。
 採算が取れると見込んだのが、広島と名古屋だったという、ただそれだけの話。パルコは小売業だから、当然その辺のノウハウはあるでしょうね。

 で。音楽業界は? まだ、「東京」の次は「大阪」ですか? 未だに発想がバブル時代のまんまなんですか?

 大阪府民は気悪くするかもしれないけど、この20年の大阪の地盤沈下、傍から見ててもハンパ無いですよ? 関空開港以来。
 むしろ大阪の人はそういうの自分で解ってるから、だからなんとかしようとして橋下維新を担ぎ上げたりとか破れかぶれなことしてるけど。一応わかってはいるんですよ。大阪余裕無い、って。

 でも、東京の文化人は、そんな事もわかっていないんですかねえ?
 と思わざるをえないケースが多いのデスヨ。オタク系オーケストラに限らず。

 あ、あとほんとに全然関係ないけど、長らく県民所得再開だった沖縄県、最下位脱出どころか45位になってますね。貧富の格差がすごいらしいけど。ま、ちょっと今回の話とは別。


「字書き」と「絵描き」の認識違いについて


また口出ししたくなるようなタグがあったので


とりあえず一部連中への過去の怨恨は脇に置いといて純粋にこのオーダーシートについて一文章書きの視点から意見させて頂こうと思ったら10項目にも及ぶ大クレームになってしまったので、自BLOGに置いとくことにする。

-内容-

1.「アナデジの選択の余地など無い、デジタルに決まっとる」
(・字書きの元原稿はtxtにしろdocにしろjtdにしろ、全てデジタル。原稿用紙なんて今時あり得ません
・アナログデータはなんだかんだトラブルになります。予定日数が4倍くらいになります
・それでも「アナログしか描けない」なら、デジタル化の作業をどっちがやるのかをはっきりさせておかないといけません
・「モノクロならFAXで送ればいいじゃない」という認識持ってたら、甘いです。FAX使うよう指示すると老害扱いされる時代ですよ)

2.「カラーと多色でどう違うねん表紙頼むならカラーに決まっとるだろ」
(・表紙って言ったら多くの字書きはラノベ表紙が念頭にあるので基本カラーです。多色とか意味わかりません
・そもそも最近のカラーデジタル入稿データはオンデマンド化してるから多色刷りとか意味無いです
・もしモノクロで依頼が来たら、本文中挿絵の依頼かコピ本表紙の可能性大です。確認すべきです)

3.「モノクロってあるけどモノクロ2値?グレースケール?」
(・絵描きですら結構区別できてない人多いようです。字書きは尚更
・コピ本表紙ならともかく、オフセット表紙で線が抜けてるとかなったらたぶんトラブルになります)

4.ファイルフォーマットは??
(・絵描きにとってはPSDが常識かもしれないが、字書きはフォトショップなんか下手したら一生使いません
・JPEGとPNGの違いすら理解してない人も意外にいます。さすがにBMPも区別つかない人はいないと思いますが)

5.サイズ指定は?
(・このカードにはそもそも項目が無いですね
・字書きはプログラマーやWebサイト作成やってる人多いしそもそも紙原稿なんか扱わないので、感覚は完全に「pixel」です。Cmとかinchでサイズ言われても「???」となります
・上記の理由から、字書き側は解像度300dpi(WebDPI)の感覚な人が多いです。Webサイト用や電子書籍、コピ本なら実際それで十分です
・「表紙絵」なら用紙サイズで枠が決まることになるので「A5」「B6」「新書版」でもやりとり出来ると思いますが、そもそもお互いがA紙とB紙の違いがわかっていないと悲劇が起きます
・単位の確認せずに作業進めると、「ファイルサイズが1TB超えた!」とかいうとんでもない話になります)

6.「入稿データはどっちが作るの?」
(・字書きは表紙絵無しなら本文込みのdocかPDFを1ファイルで印刷所に入稿するので、「表紙のみのデータ作成」というのは基本やったことがありません。それ以前にコピ本しか作ったこと無い人が多いです
・殆どの印刷所は表紙データはPSDで受け付けるので、字書きはそこで壁にぶつかります。入稿データごと絵描き側が作成してPSD納品するのか、原データだけ渡して入稿データは字書き側が作るのかはあらかじめ決めておかないと、確実にトラブルになります
・印刷所によっては「表紙もPDFに含めていいよ」というところもあるので(特にモノクロ表紙の場合)、その場合字書き側が最終データを作ることになります。但し、Wordや一太郎でPSDは扱えないので、PNGかJPEGでの納品になります)

-報酬-

7.「無報酬はともかく要相談だといくらふっかけられるのかわからん」
(・仲介サイトが発達してようやく発注側にも相場が掴めるようになってきましたが、それでもまだまだわかりづらいのが現状です
・殆どの商売がそうだと思いますが、価格の提示は原則受注側が行うものです。発注側の予算枠(=上限)が決まってる場合は受注側が「作業量や工程を工夫して見積もりを出す」場合もありますが、足が出たら受注側で吸収することになります。「要相談」は基本的に受注側に不利です
・そもそも、寿司屋に入って「時価」と書かれた魚を注文しますか?)

8.「権利関係は?」
(・世の中には信じられないことをする人間もいるので、これははっきりさせておくべきです。受け取った絵を第3者に勝手に譲渡する、なんて奴がいないなんて誰が言い切れるでしょうか?)

-その他(そもそも論)-

9.「単発なのか、継続なのか」
(・今回1回限りの話なのか、今後また依頼があったら受ける意志があるのか、あらかじめはっきりさせておいた方がいいでしょう)

10.「挿絵の依頼は出来ないの???」
(・字書きが欲しいのは基本「挿絵」なのです。カラー表紙はあくまでも「先頭に来てるカラーの挿絵」という位置づけなのです
・表紙要らないから挿絵だけ欲しいという人もいるくらいです。字書きは文字にこだわるので表紙は文字だけにしたい人もいるのです
・但し、(本文中の)挿絵は全てモノクロ二値データになります。多くの字書きはそれを認識していません)

これらの事項を全て「打ち合わせ」で吸収するのは、間違いなく無理です。
だから、「頼める人がいない」のです。

(そもそも絵描きの知り合いがいない頼んでも罵声を浴びせられる、という以前の私のようなケースもありますが)


芸術の秋


 秋といえば水瀬秋子さんである。・・・とかいうことを言い出すのは、やはり高尚さからはかけ離れた言動なのだろうか。
 HT君が中学の同級生に会うために名古屋に来て、ついでにiAcnも来たので、25日は3人で名古屋の中心街栄をぶらついていた。といっても特に目的があるわけでもなく、時間を無駄にするのも何だからということで、愛知県美術館に入った。
 実は荒野草途伸自身は美術館に入ったのは初めて・・・というわけでもない気がするが、明確な記憶が無いので、事実上初めてといっても良いのかもしれない。
 そもそも美術や音楽に多少なりとも興味が出てきたのが20代後半になってからの話なので、それ以前にはたとえそういうところに入ったとしても、展示品にはさしたる興味も示さず早々と体感してしまっていた可能性が高い。
 なので、本格的に美術品を鑑賞したのは初めてであった。
 そんなわけで美術品に対する基礎知識があるわけでもなく、作品の善し悪しとかそんなものが見てわかるわけでもなかった。
 ただ、「この作品で作者は何を言いたいのか」という、それが伝わってくる作品伝わってこない作品というものの違いは、はっきりとあった。単純な風景が一つ取っても、この風景を描くべしという意気込みの元に描いたものと、ただ近くに住んでるから漠然と描いたというものとでは伝わってくる何かが違う。そう思ったのだった。
 古典作品とよばれるものには概してそういう「意志」が伝わってくるものが多く、ああさすがに長い年月を経て尚収蔵の価値ありと判断されているだけのことはある、と思った。
 比して、「現代芸術」と呼ばれているものには、「うーん」と首を捻らざるをえないものが多かった。もちろん全てがそうではなく、むしろ(現代作品であるだけに)古い作品よりも強い共感を感じるものもあったわけだが。逆に、「ハァ?」と思わず声をあげてしまいそうになる作品もいくつかあった。どう見ても失敗作の粘土の塊としか思えないようなのとか、ただカンバスを三色に塗り分けているだけのとか。
 移動して3人で夕食を取っているときに、その話になった。黒い布を切り裂いただけ(少なくとも自分にはそう見えた)の作品に対して、HT君と自分が「あれはないよなー」というようなことを言っていると、iAcnが言った。
「いや、あれは自分は、凄いと思った。だって、あの立体的な形状を残したまま思い通りの形に切り裂くのには、相当の腕がいるはずだから。」
 言われてみれば、確かにその通りだと思った。やはり、人によって感じ方というのは違うらしい。それに、iAcnは普段からクラシック音楽を聴くなどして芸術に親しんでいるので、そういうあたりに関して敏感なのかもしれない。
 自分ももっとこの辺の教養を高める努力をした方がよい。そう思った秋のある日だった。
-----